サマーカーニバル2019

                             きよさと坊太郎まつり

サマーカーニバル エピソード2-3

気温は連日30℃を越し田んぼや畑は、水不足を心配しなければならなくなった。
本番一週間前から、神輿渡御の練習が行われた。 ワッショイ、ワッショイ、ぼたろ、ぼたろ!初めての神輿担ぎになかなか 呼吸があわない。
菅原の天神坂を下ってみた。
四斗樽に水を入れての試し担ぎだが、樽の水が行ったり来たりで 担げないことが判明それよりも、その重さを担ぐ力がない!

アイデアは、渡辺氏から出た。水嶋磯部の徳利をお借りしよう。
汲んだ水は、その徳利に注ぎ樽の中に納めて運ぶ。 わずか1リットル程度の量になった。
でもその量は、聖水としての量を十分に満足していた。

8月4日ついにその日は、やってきた。
連日の猛暑から一転朝から雨が降っていた。






7月28日 祭りの準備


             
                     何年やっても、合うだの合わないだの           お神酒でロープを締めます


           
  池の水は、こんな感じで納めます           今年は旗を付けて完成です


           
  イカダを軽トラに乗せて            池までは、人海戦術だ





8月9日 祭りの前日


           
  神輿はを軽トラに乗って池まで飛んでいく          紅白幕で祭り気分は盛り上げってきた


            
  この世とは、思えない池の色に大感動 神輿は一晩夜明かしで坊太郎を待つ




8月9日 祭りの当日


        
  古澤、関根コンビでお賽銭車です 朝8時すでに暑い、参加者は日かげで待機


        


        


        


        


        


        


        


        


        


        


 


         


         


         


          


          


          


         


        


        


        


        





       


       


       


       


       


       


       


       


       


       


        


        


        


        


        





       








未知草