サマーカーニバル2018 

                             きよさと坊太郎まつり

サマーカーニバル エピソード2

  
優一は、清里中を探し回った。一緒に神輿を担いでくれる人を。
そして、坊太郎になってくれる人を。

この祭りに、神輿そのも<のもなかった。神輿も作らなければいけない。
でも優一は、不思議とできないとは思わなかった。

優一は、何か不思議な力が自分を後押ししてくれているような 自分にはない力を感じていた。
それは、やがて奇跡の日を迎えることになるとは、その時は だれもが分からなかった。
                               
 ike  




8月5日本番一週間前の日曜日は、恒例の神輿づくりとイカダ試運転です。

        
              縛り方は、もう慣れたもの             坊ケ池の湧水をこの徳利に入れて運んで来るんだよ


             
         イカダに手すりを付けて飾りつけ               池まではみんなの力で運ぶんだ


         
      一年ぶりのイカダ乗りで大興奮               準備が整い後は、龍神さまに参拝です
 


祭り前日の夕方、神輿を軽トラックで坊ケ池へ運搬する。
天候が心配になってきた。暑ければ暑いで困るが大敵は雨だ。 連日の猛暑で、坊ケ池は下々へ水を供給してかなり水位が低下していた。

     
         米屋で酒ケースを乗せていざ坊ケ池へ          雨の中、最後の飾りつけを明日に残して下

8月11日ついに祭り当日がやってきた。早朝より、竹切りからスタートだ。
心配した雨は、今は降っていないようだが暗闇で天候具合が分からない。
田村君、小川さんと最後のイカダの飾りつけだ。

 
霧の中で心配しながらの作業が完了 どうなる天候

家に帰ってくると、雨は益々大降りになってきた。
中止が頭をよぎらなくもなかったが、天気予報の段々晴れてくるに 期待するしかない。ある意味神だのみでもある。

    
         みんなで飾りつけしてもらってます        出発式は、少し心配そうな実行委員長がいた


        
  塩尻副実行委員長と池杉隊長の合図で        坊太郎が傘持ちを引き連れてやってきた


        
  はずかしいのとおかしいのと入り混じったあいさつ        役者全員の搭乗 忘れ物ないように


        
         御水取りは、親子でした 無事に汲み終えて帰還 足元注意


        
  清酒龍のしずくで 神輿を清めていただく 坊太郎玉串奉天


        
  徳利には、坊ケ池の湧水が入っていますそれを神輿に収め 一連の儀式を終え、みんなでハイ、ポーズ


        
  お神酒を坊太郎から注いでいただいいて 坊太郎の掛け声で、神輿がスタートです













坊太郎まつり2017